2016年 展示会出展情報

  • 2016.08.25 Thursday
  • 12:38

 今年も展示会に出展します。

 SGS(スリップ・ガード・システム)やGF(グリップ・フィールド)を始めとする

各種、床の滑り止め工法や自社開発の緑化資材等を展示します。

 

 滑り止め施工の自社施工実績は18,800m2を超えました。

 国内有数の施工実績です。

 

=============================

 

第11回しんきんビジネスマッチング

ビジネスフェア2016

 

 日時 2016/9/21(水)10:00-17:00

 会場 ポートメッセなごや第3展示館

 

=============================

 

メッセナゴヤ2016

 

 日時 2016/10/26(水)10:00-17:00

    2016/10/27(木)10:00-17:00

    2016/10/28(金)10:00-18:00

    2016/10/29(土)10:00-16:00

 会場 ポートメッセなごや

 

=============================

 

株式会社バンブー苑

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夏休み中 子供の事故増加

    • 2016.06.29 Wednesday
    • 20:58

     夏休み中は、子供(特に小学生)の交通事故が増加すると最近のニュースで観ました。

    夏休みは、普段は学校の中にいる時間帯も外で遊んだり、学校のプールに通ったりと道路に出ることが多いからです。

    また、通学団で集まって登下校している時は上級生が下級生に目を配り、安全な状態で歩くことができます。

     

     また、夏休みは滑って転ぶということも増えます。それは主に履物がサンダルに変わることに起因します。

    スイミングスクールのロビーやエントランスが滑る。学習塾のエントランスのタイルや御影石や大理石が滑る。

     

     元々、履物が滑りやすくなることに加え、夕立など雨降りも増えます。さらに、服装も軽装になるため、もしも転んだ時の怪我がひどくなりがちです。夏休みに子供さんが集まる施設では特にこの季節は安全対策に敏感なことでしょう。

     

     私たちが取り扱う床の滑り止め施工は、複数の工法、商材がありますが、SGS(スリップ・ガード・システム)という工法は、濡れた状態のタイルや石に施工ができます。塗料のようなコーティングでは、作業前に乾燥。作業後に乾燥させて、やっと通行できます。しかし、SGSは、例えば、プールサイドや大浴場など「そもそも閉館時には濡れている」状態の場所でも、すぐに施工に取り掛かり、作業が終わった直後の「床が濡れている状態」でもオープンできます。

     

     この、施工時間が短く、すぐに開放できるメリットは非常に大きいです。

     

     このところ、夏休みに向け大浴場の石やタイルを滑らなくする作業の依頼が多いです。そういった意識の高いお施主様はやはり、お声掛けいただくタイミングも早いところが多く、施工日を早々に打ち合わせさせていただいています。

     

     6月も終わりますが、「夏休みまでに施工を」とお考えの施設がありましたらお早めにご相談ください。

     

     尚、すでに、企業様の施設では「お盆休みに施工を」という案件も決まっています。お早めに。

     

     SGS・GF 床の滑り止め施工 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      滑って危ないを解消する床の滑り止め工事

      • 2016.06.22 Wednesday
      • 19:33

       梅雨時で、駅や駐車場やお店などで雨に濡れないように走ってつるっと滑る経験が増える時期です。

      これから、サンダルになるとより滑りやすくなることもあります。

       

       このところ、またお風呂場(大浴場)の滑りの相談が多いように思います。

       

       集客施設では、夏休みの集客ピークの前になんとか施工をして欲しい。

       

       会社や工場などでは、お盆休みの連休中になんとか施工をして欲しい。という要望になります。

       

       すでに、両方のタイプのご相談や受注があります。

       

       また、このところの特徴として、リピートが多いです。

       前に施工したところをまた施工するということではなく、同様の施設が他にもあるからそこも頼みたい。

      だとか、新しくまた他のところでも建てたからそこもやって欲しいという内容です。

       

       場合によっては、あまりにも規模が大きすぎて総額が大きくなるので、何度かに分けて発注される案件もあります。

       

       このところ、非常に立て込んでいますので、ご相談はお早めにお願いします。

       

       床の滑り止め 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市 施工実績17,000m2

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        意外に多い 滑る場所 立体駐車場

        • 2016.06.08 Wednesday
        • 19:11
         雨の日に滑って困っているという相談で意外に多いのが会社の立体駐車場です。
         鉄板の駐車場やコンクリートの駐車場など様々ですが、毎年、色々なご相談を受けます。

         このケースの場合は、対応策は本当にケースバイケースです。もし、ご相談をされる場合には、利用者にしっかりと聞き取りを行ってください。なぜならば、施工面積が広いためコストがかかりすぎること。車がハンドルを切るような場所では何をやっても長持ちしないこと。ここを踏まえて、どこがどう滑るのかをしっかり把握した上でご相談ください。

         良くあるのが、「車の乗り降りの際に滑る」「降りてから階段に行くまでに走って滑る」です。車の前を歩くのか後ろを歩くのかなど、把握しておかないと効果的な対策ができません。

         株式会社バンブー苑 SGS GF を始めとする様々な滑り止め施工
        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          夏休みに向けて安全対策【滑って危ない】

          • 2016.05.21 Saturday
          • 13:56
           床の滑り止め施工 SGS(スリップ・ガード・システム)は、原則、事前にテスト施工を行います。
           テスト施工では、1.どの程度滑らなくなるか効果の確認 2.効果が持続するかの確認 をしていただきます。
          2の効果の持続は、5年保証をお付けしているものですので、通常、持続します。ただし、温泉の洗い場や厨房など油と水が混じる場所などでは、効果が持続するかどうか?(洗浄が適切かどうかも含め)しばらく様子を見ていただきます。

           ということは、夏休みに利用者、来場者が増えるような旅館、ホテル、テーマパーク、駅、サービスエリア、プール、科学館、図書館などといった施設では、前もって、テスト施工と見積もりを依頼することをおすすめします。
           また、今すぐに必要性は感じていないけれど、万が一事故があった場合には速やかに対応しなければ・・・とお考えであれば、SGSのテスト施工と見積もりを済ませて、本当に必要になった際にすぐに発注できる体制にしておくことも良いかと思います。

           SGSは、年中無休の施設でも、閉館時間があれば施工できます。夜間施工も応じていますのでお気軽にご相談ください。
           ここ1年で施工した場所は、名古屋市、豊田市、田原市、豊橋市、大府市、安城市、豊川市、静岡県裾野市です。過去には、大阪、神戸、金沢、長野、岐阜、三重などでも施工してきました。

           床の滑り止め施工・滑り止め工事 SGS GF 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市
           
          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            滑り止め自社施工実績17,000平米

            • 2016.05.09 Monday
            • 08:04
             GWの連休工事で床の滑り止めの施工面積が17,000平米を超えました。「連休工事」という言葉にぴんと来た方は製造業の方でしょうか?床の滑りを何とかしたいというご相談は製造業の案件も多いです。

             例えば、ラインをまたぐ縞鋼板のステップが滑る。
             例えば、本社エントランスの御影石が滑る。
             例えば、工場のシャッター近辺が雨の日に滑る。
             例えば、従業員用の鉄板の立体駐車場が滑る。
             例えば、工場内のトイレが靴裏の油と水で滑る。などなど・・・

             教育、指導して安全作業を目指しても、どうしてもハード面で対応しないと防げない事故、怪我、ヒヤリもあると思います。
            私たちが取り扱う床の滑り止め商材も増えてきました。より多様な要望にお応えできるようになりましたのでお気軽にご相談ください。尚、弊社はほとんどの作業者が全トヨタ作業責任者等の教育は受講済みですでの、関連企業様の作業も容易です。

             床の滑り止め施工 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市
            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              自社滑り止め施工実績17,000平米に

              • 2016.04.20 Wednesday
              • 13:00
               SGS(スリップ・ガード・システム)やGF(グリップ・フィールド)などの床の滑り止め施工を行っていますが、まもなく自社施工実績が17,000平米になります。様々な場所で床の滑り止め施工を行ってきました。
               雨の日に滑って困るというお悩みはほぼ皆さんがお持ちです。面積の広い案件から玄関ポーチなど小さな面積の案件まで、お気軽にご相談ください。
               4/21・22は社内研修のため、電話のみの受付となります。ご了承ください。

               滑り止め工事 株式会社バンブー苑
              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                GWに向けての安全対策

                • 2016.04.04 Monday
                • 08:27
                 4月を迎え、多くの企業様で人事異動など慌しい時期だと思います。
                 毎年、この時期になると集客施設からの床が滑って困っているというご相談が増えます。そして、それをいつまでに解消したいかという問いには、「GWまでに」「梅雨までに」という返答が多くなります。

                 しかし、GWまでになんとかするのは難問です。床の張替えなどの工事には、通行止めなど様々な障害があります。そんな中で、例えば、タイルや石が滑るという場合には、私たちが取り扱っているSGS(スリップ・ガード・システム)という施工方法があります。これは、特殊な液剤を塗布することでタイルや石の表面を滑らない床に加工するという施工方法です。加工するといっても、削ったり、溝を切ったりする作業ではなく、塗料のようなコーティングでもありません。作業風景は、清掃作業をしているようなものです。

                 このSGSは、採用されている理由があります。
                1.短工期
                  ・床が濡れている状態から施工ができます(お風呂場など営業時間が終わってすぐ作業ができます)
                  ・乾燥を待たずにすぐに使用できます(塗装やタイル張替えなどでは無理です)
                2.保証と安全性
                  ・5年間の保証がつきます
                  ・施工で使用する液剤は中性です
                3.豊富な施工実績
                  ・公共施設や大手企業、店舗、個人住宅まで様々なスケール
                  ・エントランス、歩道橋、ビル内部、大浴場まで様々なロケーション で採用されています

                 このところ、施工の予定が増えていますので、ご検討される方はお早めにお問い合わせください。

                SGS GF の滑り止め 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市
                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  SGS 効果をご体感いただけるテスト施工

                  • 2016.01.08 Friday
                  • 19:46
                   本日、3物件まとめてSGSの床の滑り止め工法のテスト施工と現場調査を行ってきました。
                   SGS(スリップ・ガード・システム)というのは、タイルや石に目に見えない小さな穴を形成して・・・
                  と説明ではそうなりますが、作業手順を説明しながら、はいできました。試してみてください。
                   と試してもらうと「おっ。あっ。違う。」だいたい皆さんそういう反応です。

                   まだ忙しさが続いていますので、SGSがどんなものか試してみようかな?転倒防止対策を今年度でやろうかな?という方はお問い合わせだけでもお早めにお願いします。

                   SGS(スリップ・ガード・システム) GF(グリップ・フィールド)の床の滑り止め 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市

                  年度内の予算で安全対策を

                  • 2015.12.20 Sunday
                  • 08:33
                   2015年もあとわずかとなり、慌しい日々ですが、今年度の予算で滑って危ない場所の対策をしなければという方は、是非、SGSやGFの床の滑り止め工法をご検討ください。

                   現在、SGSのテスト施工も年明けまで待っていただいています。本施工のほうは、余裕をもって年度内に施工できます。
                   SGSは、事前にテスト施工を行いどれくらい滑らなくなるのかを確認していただけます。さらに、施工をご依頼いただくのは、テスト施工後、しばらく様子をみたり、色々な方の評価を待ってからで構いません。
                   そのあたりのスケジュールを加味すると年明け早々にお問い合わせをいただいて、テスト施工と見積もりを行い、ご発注、施工という段取りが良いかと思われます。

                   また、来年度の予算取りの見積依頼も複数いただいています。他の滑り止めの商品などとの比較も是非、していただければSGSやGFが選ばれている理由がわかると思います。

                   SGS GF の滑り止め施工 株式会社バンブー苑 施工実績16,000平米超
                  Check
                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    calendar

                    S M T W T F S
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << August 2016 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM