夏休み中 子供の事故増加

  • 2016.06.29 Wednesday
  • 20:58

 夏休み中は、子供(特に小学生)の交通事故が増加すると最近のニュースで観ました。

夏休みは、普段は学校の中にいる時間帯も外で遊んだり、学校のプールに通ったりと道路に出ることが多いからです。

また、通学団で集まって登下校している時は上級生が下級生に目を配り、安全な状態で歩くことができます。

 

 また、夏休みは滑って転ぶということも増えます。それは主に履物がサンダルに変わることに起因します。

スイミングスクールのロビーやエントランスが滑る。学習塾のエントランスのタイルや御影石や大理石が滑る。

 

 元々、履物が滑りやすくなることに加え、夕立など雨降りも増えます。さらに、服装も軽装になるため、もしも転んだ時の怪我がひどくなりがちです。夏休みに子供さんが集まる施設では特にこの季節は安全対策に敏感なことでしょう。

 

 私たちが取り扱う床の滑り止め施工は、複数の工法、商材がありますが、SGS(スリップ・ガード・システム)という工法は、濡れた状態のタイルや石に施工ができます。塗料のようなコーティングでは、作業前に乾燥。作業後に乾燥させて、やっと通行できます。しかし、SGSは、例えば、プールサイドや大浴場など「そもそも閉館時には濡れている」状態の場所でも、すぐに施工に取り掛かり、作業が終わった直後の「床が濡れている状態」でもオープンできます。

 

 この、施工時間が短く、すぐに開放できるメリットは非常に大きいです。

 

 このところ、夏休みに向け大浴場の石やタイルを滑らなくする作業の依頼が多いです。そういった意識の高いお施主様はやはり、お声掛けいただくタイミングも早いところが多く、施工日を早々に打ち合わせさせていただいています。

 

 6月も終わりますが、「夏休みまでに施工を」とお考えの施設がありましたらお早めにご相談ください。

 

 尚、すでに、企業様の施設では「お盆休みに施工を」という案件も決まっています。お早めに。

 

 SGS・GF 床の滑り止め施工 株式会社バンブー苑 愛知県豊田市

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM