飲食店の労働災害 小売業の労働災害

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 10:53

 独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所が平成29年1月に発表した資料に、

「飲食店の労働災害を防止しよう」と「小売業の労働災害を防止しよう」という資料があります。

 

 その中で、飲食店の労働災害は増加している。小売業の労働災害は減少の兆しが見えない。対して、製造業、建設業の労働災害は減少している。という記述があり、飲食、小売りの労働災害の型が公表されています。

 

 この資料からわかるのは、転倒災害が非常に多いということです。

転倒には、「滑り」と「つまずき」の2つがありますが、転んで労働災害ということは共通です。

 また、この資料は労働災害ですので、お客様が転んでけがをしたという内容ではありません。あくまでも、従事者がけがをしたというものです。飲食、小売りとも人手不足が深刻な業種です。アルバイトさん、パートさんが転んでけがをして休まれたり、退職されると大きな痛手となります。

 安全で快適な職場は人手確保の視点からも重要です。私たちが取り扱っている床の滑り止め施工 SGSやGFは営業終了後などの短時間に施工できることが多いです。滑って危ない箇所がありましたらお気軽にご相談ください。

 

 床の滑り止め SGS GF 愛知県豊田市 株式会社バンブー苑

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM